止められない

どんな人にも死はあります。そんな時葬儀を行うということはとても大切です。亡くした相手をきちんと供養させる為にも、葬儀の準備を計画的に行っておくことが大切になります。

» 詳しく読む

故人の方の旅立ちに

病院の場合

病院で身内をなくしてしまった時や余命宣告を受けた時、悲しみにくれるのではなく、やるべきことをやるようにしましょう。葬儀の計画を立てて、安らかに眠れるようにしましょう。

» 詳しく読む

供養の仕方

身近な人を亡くした場合、どのように供養をしたら良いのかわからない場合があります。この場合は、本人がどうしたかったのかを振り返って考えるようにしましょう。そしてその本人に希望していた供養を行ないましょう。

» 詳しく読む

やることはやる

後悔することはやっておく

後悔することなく葬儀を行うには、亡くなる前の両親に親孝行をすることです。その親孝行をすることで一緒にいてよかったと思うことが出来ます。人が身近な人を亡くした時に初めてどんなに大切にされていたのか、あるいは大切だったのかと思わされることが多いです。その思いの中には、後悔に繋がるものもあります。この後悔は身近な人を亡くした後や葬儀を行なった後でも消えることはありません。そのため、生きている内にやれることはやっておいたほうが良いのです。例えばもっと話したかったのであれば、亡くなる前にたくさん話すことをすることです。自分が後悔すると感じたものは、生きている内に必ずやっておくべきことなのです。相模原に両親が住んでいるという場合でも、後悔することはやっておきましょう。

亡くなる日が近いと感じた場合に行うこと

亡くなる日が近いかもしれないと感じたら真っ先にやることがあります。それは、安置所や葬儀社などを決めておくことです。これらを事前に決めておくと、どこの安置所にすればよいのか、どんな会社で葬儀を行えばよいのかを把握することが出来ます。そして、それはいざ身内を亡くした時に、役に立ちます。また、葬儀会社を決めることができたら、連絡先をメモしておきましょう。このように事前に準備をすることで、安定した葬儀を行うことができるのです。